• 2017.12.11
  • 新生活の布団は新調したいけど、枕が変わると眠れない!?…どうする? はコメントを受け付けていません。

新生活の布団は新調したいけど、枕が変わると眠れない!?…どうする?

寝起き

こんばんは。コモレビショップの店長です。

みなさんは、旅先などでもぐっすり眠れますか?
旅行などで、枕が変わって眠れないという人も多いですね。
新生活を始めると環境も部屋も変わってしまいますが、布団を新しく買うかどうかについても考えたいところです。

枕だけ変えてみる

賃貸でも、マンションや家を買う場合でも、ベッドなど家具付きの物件はほとんどありません。
ですから、今まで使っていた布団を持って行くか、新しい布団を購入するか、どちらかにするしかありません。

せっかく新しい環境になるから、布団も新しい方がいいですか?
使い慣れた布団の方が落ち着いてよく眠れるのであれば、それを持って行く方が良いでしょう。
これから勉強や仕事を頑張ろうという時に、慣れない枕のせいで毎日寝不足という状態では残念です。

それでも、新しい布団が欲しいのであれば、枕だけは今まで使っていた物を持って行くのはどうでしょう?
いつもの枕なら、部屋や布団が変わってもぐっすり眠れるかもしれませんよ。

布団はすぐ使うものだけ用意しよう

新生活を始めるのが春なら、少しずつ暖かくなる季節です。
地域にもよりますが、真冬に使うような厚い布団は必要ないかもしれませんね。
春から夏にかけて使う布団だけを用意しておいて、冬用は寒くなる前に準備しても遅くはありません。

布団などの寝具は大きくて運ぶのも大変ですから、インターネット通販で買うのも良い方法です。
楽天市場などでも扱っていますし、ニトリなども通販サイトを持っています。
最近は布団もいろいろな種類がありますよ。

ただ、一人暮らしをしていると、毎日布団敷いたり畳んだりするのが面倒になるかもしれませんね。

ベッドもオススメ

布団を敷きっぱなしにしそう…
そんな心配があるなら、ベッドもいいでしょう。
ワンルームのアパートやマンションにベッドを置くと狭くなってしまいますが、
折りたたみベッドなどを使えば便利かもしれません。

ソファベッドなら、夜だけベッドとして使う事もできますね。
または、マットレスの下に収納が付いたタイプのベッドにすれば、普段使わない物を収納することもできます。
ベッドを置いて部屋が狭くなる分、ベッドの中に収納すれば他の家具を減らすことも出来るわけです。
小柄な女性なら、シングルベッドより小さいセミシングルベッドというものもありますよ。

寝具は生活スタイルに合わせて

新生活で使う布団を新しく買うかどうかは、人によってはとても重要なことです。
毎日元気に過ごすためには睡眠は大切ですから、生活スタイルに合わせて準備をしましょう。

一人暮らしだと誰も起こしてくれません。
寝坊しないようにしてくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る