社会人の一人暮らし 生活費はいくら?

4月から新社会人になり、一人暮らしを始めるという方も多いと思います。
楽しみな気持ちと不安な気持ちを抱えている頃ではないでしょうか。

一人暮らしで心配することのひとつが、お給料だけで生活できるかどうか。

都内で一人暮らしをする社会人の生活費がひと月にいくらかかっているのでしょう。
計算してみましたので、参考にしてみてくださいね。

家賃の平均は7万円

「家賃は収入の3分の1」
なんて、聞いたことがありませんか?
これくらいが無理なく生活できるという事なのですが、都内で一人暮らしをする社会人が払っている家賃の平均は7万円前後ということです。
ちょうど3分の1位になっているようですね。

食費は2.8万~5万円 自炊する?

食費に関しては、データによって違いが出ているようです。
少ないものでは、月平均28,000円。
この金額でひと月過ごすには、ちゃんと自炊できる方でなければ難しいでしょう。

現実には、飲み会などのお付き合いもあります。
外食するとしても、学食のように安く食べられることは難しいですね。
社員食堂がある職場なら比較的良い方でしょう。

そう考えると、実際には5万円ほどの食費がかかっていると考えられます。

光熱費と通信費で約2万円

光熱費は平均で1万円前後。
暖房や冷房を使う季節はちょっと高めになります。

そして、通信費。
こちらはパソコンやスマホにかかる費用と考えればいいでしょう。
料金プランにもよりますが、こちらも1万円前後となっています。

その他の費用

シャンプーや洗剤、トイレットペーパーなどの消耗品は、月に3千円ほど。
安く購入できる日をチェックしておいて、上手にやりくりしたいですね。

また、服を買ったり友達と遊びに出かけたり、あるいは趣味や習い事に使うお金も必要です。
男性と女性では差があるかもしれませんが、レジャー費の平均は4万円弱ということです。

  • 家賃:7万円
  • 食費:5万円
  • 光熱費:1万円
  • 通信費:1万円
  • 消耗品:3千円
  • レジャー費:4万円

これらを合計すると、183,000円。

20代社会人の収入は、男女平均で20万円前後ということです。
結構ギリギリですね。
親に仕送りしたいと考えている方は、お金の使い方を考えることも必要かもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る