雪うさぎ

寒い日が続いていますね。
毎年ほとんど降らないのに、この冬はよく雪が降ります。
といっても、積もったのは今のところ1度だけ。
雪が積もるのは嬉しいのですが、慣れていないので外に出たら転びそうになるし、チェーンなどの用意がないから車にも乗れず、いろいろと不便でした。

雪が多い地方で暮らしている友人に話を聞くと、やっぱり除雪機があれば便利とのこと。
もちろん家庭用の除雪機です。

この家庭用除雪機はいろいろな商品があり、価格もメーカーも様々。
選ぶのに迷ってしまうこともあるようです。

積雪量と雪質がポイント

雪の質や積雪量は地域によって違いがあります。
家庭用除雪機を選ぶときは、使用する地域の積雪量と雪質を考慮することが大切です。

雪質がシャーベット状で重くなってしまった時や、降り始めのサラサラの雪には、押すタイプの除雪機が有効です。
ただ、この押すタイプの除雪機はしっかり体重をかけて押さないと進みません。
小柄な方や体重の軽いお年寄りでは扱えない場合もあります。

シーズンを通して活躍してくれるのはロータリータイプです。
押すタイプとロータリータイプ、2種類を用意しておくのが理想。
または、必要に応じて切り替えができるタイプを購入しておくと便利です。

※シャーベット状の雪などはシューターで詰まることが多いので気をつけましょう。
 馬力の小さい機種だと効率が悪くなってしまいます。

故障した時のことも考えて!

近年は中国製の除雪機もたくさん販売されています。
購入しやすいのですが、故障した時など身近にあるバイク屋さんなどで修理ができないケースが多いようなので気をつけましょう。

日本製なら安心という訳ではありません。
ホンダやヤマハなどの人気メーカーの除雪機でも、古い機種になると部品の製造が終了している場合もあります。
部品がなくて修理が難しいケースもあるので、中古品を購入しようと思っている方は注意してください。

中古の家庭用除雪機 デメリットは?

家庭用除雪機は便利ですが、新品だと大型のタイプは100万円以上という高価なものもあります。
小型タイプでも20万円前後する場合もあり、購入する際にはかなりの出費ですね。
ですから、中古の除雪機を購入しようと考える人も多いと思います。

価格の安さは、中古品ならではのメリットです。
ですが、それなりにリスクも伴います。
そのことを理解した上で、新品か中古か、どちらを購入するか検討した方がいいでしょう。

保証がない

中古の家庭用除雪機には、保証がついていないと考えておきましょう。
新品の場合は、1年から2年の商品保証と賠償責任保障が付いているのが一般的です。
それが、中古品となると、こうした保証(保障)が適応外となることが多いのです。
万が一トラブルが起きてしまったら、自己負担・自己責任となってしまいます。

除雪機の寿命と価格

除雪機の寿命は約10年と言われています。
中古品の場合は、あと何年使えるかが問題です。

もちろん、10年というのは一般的な目安です。
よく手入れをして15年以上使い続ける人もいるそうですから、使用状況やしっかりメンテナンスされているかどうかなどで寿命は長くなったり短くなったりします。

よく知っている人から中古品を譲り受けるならともかく、ほとんどの場合はどのように使用されてきたか、どれだけメンテナンスされてきたか分かりません。
購入するのであれば、その点も価格とあわせて慎重に検討しましょう。