法事 法要のお返し・引き出物の選び方

法事 法要のお返し・引き出物の選び方

結婚や出産など、お祝い事の引き出物やお返しは選ぶのも楽しいですね。

でも、初めて法事・法要を行う立場になった時などは、どんなルールがあるのか分からないことも多いと思います。
どんな引き出物を選んだらいいのか、困ってしまうかもしれません。

今回は、法事・法要のお返しや引き出物の選び方とおすすめの商品をご紹介したいと思います。

 

法事・法要の引き出物の金額は?何を選ぶ?

法事・法要は、故人の冥福を祈って供養する儀式のことです。
初七日・三十五日・四十九日・百箇日までの追悼法要や一周忌・三回忌などの年忌法要があります。

こうした法事に参列する際には、ご仏前やお供え物を用意して行くのが一般的。
ですから、その返礼品としてお菓子やお茶などの手土産(引き出物)を準備するのです。

 

5,000円までの品物が一般的

法事の引き出物は、参列者全員分を用意するのが基本です。
金額は地域にもよりますが、2,000円から5,000円程度が一般的。
お食事代と合わせて一人当たり10,000円くらいと考えておくといいでしょう。

結婚式の引き出物の場合、複数準備するのが一般的。
割り切れない数字が好まれるので3品や5品用意したり、地域の風習があったり、いろいろと気をつけるポイントがあります。

法事の引き出物の場合、地域にもよりますが、そういったルールはほとんどありません。
予算内で、華美にならないように選んでいきましょう。

 

食品や消耗品が人気

法事の引き出物では、食品や消耗品などの実用品が人気です。
消費してなくなるものが良いという考え方の地域もあるようです。
故人が好きだったお茶やお菓子があれば、それを贈るのもいいですね。

ただし、遠方から参列してくださる方もいらっしゃるかもしれませんし、高齢の方は重いものを持ち帰るのは大変かもしれません。
帰宅の際にかさばったり重かったりするものは避け、食品は日持ちのするものを選ぶのがおすすめです。

 

 

法事・法要の引き出物におすすめの商品

参考までに、おすすめの商品を少しご紹介しておきたいと思います。

食品なら海苔や干し椎茸などの乾物類・お茶・コーヒー・和菓子など。
日用品ならタオル・洗剤・寝具などがおすすめです。

 

 


 

法事 法要のお返し・引き出物はこちら

 

Follow me!